眼球越しの私の世カイ

俺越しの「世カイ」の話

久しぶりだー

自分の「悟りもどき」みたいなものを心のどこかで手放さずに、ひっくり返して「我」を手にしなあかんなと思います。

何言ってるか全くわからないですよね、わからんまま、これ以下を本文と思ってもらっていいです。

 

人には、考える人と考えない人がいるっぽいです。

こんなブログをするぐらいやから、俺は多分前者です。

話しながらも考えてるので、

「いやあやっぱそんなこと思ってないなあ」とか、「うわ今の撤回してえ」とか「ほんまは俺この事についてどうでもいいんかもしれん」とか、巡りすぎて自分の意見を持ってないかのようになる事も多々あります。

真面目な話や難しいテーマについてやと一層その感じ出がち。

俺の性格の話し出したらキリないけど、基本初見のモノには懐疑と否定を持って見てるので、我ながら厄介です。

 

そんな自分にとって考えることは生きてることそのものに近いところがあるので、

考えないってのは、流されたり、意志を奪われたり、とにかく、浅はかでしょうもない選択に見えます。

死んでんのと一緒やんって思ってしまいがちです。

 

じゃあ俺は考えない人を見下したり、不必要だと思ったりしてるかっていうとそんなことはないです。心から。

書き出しの前提をひっくり返しますけど、

「考える人と考えない人がいるっぽい」って、それほんまか?ってのが今のところの俺の主義です。

要するに、アホっていうのは考えてないんじゃなくて、言語化を諦めて風潮や同調正義に飲み込まれてるだけの被害者みたいなモノじゃないか、って思うんです。

 

だから個人に対する苛立ちとか反発は俺の中にあんまりなくて、そいつをそうさせてる、いわば「ノリ」にめっちゃ反発心を覚えています。

 

、、、っていうつもりです。

 

俺の snsには、人生で関わってきた大半の人間がいます、ざっくりとやけど。

アホなことしてるだけの友達もおるし、めっちゃ考えてる人もいるし、みんな好きなんです。(厳密には好きというか、関わりを諦めたくないみたいな、なんかもっと重要な言葉で表せない感覚)

そういう人たちに向けて、俺が思ってること、考えるっていう行為そのものを与えることを諦めたくないし、実は俺が持ってる完全にオリジナルな思想なんて存在しないと思ってます。

自分の思想は他人のものと。

 

ただ、この発想めっちゃ教祖みたいやなって思ったんですよね。

(あえて宗教を極端な捉え方で見た表現をしています。)

勧誘して、他人を救ってるつもりでいるのはその宗教の当事者だけやしありがた迷惑やん。

みたいなことを俺自身も俺の周りで起こそうとしてたんちゃうかなって、そんな自分を否定するターンに入りつつあります。

 

ぬるく優しく、多面的に物事を見れるのはいいんですけど、人は基本的に、時間をかけて離れていくものなんやなって思えてきました。

悲しいけど。

 

勘違いでも「自分にしかない感性」を信じて(これは本質的にはほんまに勘違いやと思いますが)引き合わない人間は適度に距離を離したり切ったりして、自分の中で他人の選別をした方が効率よく、自分の望むものは手に入る気がする、変に達観しても何もかっこよくない。

自分で勝手に他人を背負った気になって自分の足を引っ張るのはダサい。

 

って、わかっていながらも、「んーーーー。そんな傲慢に生きていいもんかなあ」って何となく思ってます。

 

 

まとめるとこんな感じですかね。

考えない奴はしょうもない

→でもそれはそうさせてる「何か」が悪い、俺は「考えない奴」じゃなくて「何か」に歯向かっていたい

→うさんくさい宗教みたい、救った気になってんのもダサい

 

ここでやっと何となく書き出しの

「悟りもどき」みたいなものを心のどこかで手放さずに、ひっくり返して「我」を手にしなあかん

っていう文のニュアンスを汲み取れると思います。

俺がありたい自分への憧れみたいなものです。