眼球越しの私の世カイ

俺越しの「世カイ」の話

「界隈」のキモさと窮屈さ

特定の集団をディスるわけじゃないけど界隈ってめっちゃ窮屈で不自由やと思います。

新しい人間関係を築けば必ず付いてくるもので、人との関わりの中で避けて通れないもの。

例えばビジネスをしますってなったらその界隈の人とのつながりが生まれるけどその分のしがらみや不自由さも生まれてくる。

バンドをしますってなったらある程度他のバンドマンに顔向けできる範疇での発言や活動が強いられる。

 

仕方ないとした上で思うんですけど、気持ち悪いです。

誰かにとって居心地がいいところは誰かにとって近寄り難いところです。

ビジネスマンがビジネスマンから、バンドマンがバンドマンから集めるいいねは羊同士の合体です。

それで世界は平和なんかもしれんけど、俺は、こいつ誰?みたいな人との繋がりを大事にしたい。し、いろんな界隈からこいつ誰?って思われてたい。

 

まぁ、どの界隈からも孤立して繋がりもクソもない本物のボッチなんですけど、1人で感じる孤独は結構耐えれるもんです。

集団の中で感じる孤独はめちゃくちゃ辛いです。

どこかに属していながらも、一瞬フワッと自分が浮く感覚ほど胃が縮こまることないです。

 

とはいえこんなこと言ってると人との繋がりを否定するんかって思われそうやけど、別にそういうことじゃなくて、自分が確固たる自分を持つ場はあるべきやってことです。

俺が俺の持つ各界隈との馴れ合いをする事で、それを尻目に離れて行く人がいるなら、最初から誰かを意識する事なく言葉を発したいし自分を晒したい。

めっちゃ難しいんやけど。

 

その上で俺を見てくれる人は実はいっぱいいるから、なんか、優しいなって思います。

 

それぞれを忘れることはないし、関わってきたコミュニティ全部結構好きやからこそ、「浮いてんなぁコイツ笑」みたいに思われてることも良しとして、自分を晒していこうと思ってます。

 

それがこの変なブログやったりツイッターやったり、、

俺が世に出てる部分、大体そうかも。

 

サークルの為のつぶやき、恋人の為のつぶやき、先輩や後輩の為、友達の為、別にいいよ、俺もたまにするし。

ただ、好きやからこそどこから見ても不自然な剥き出しの俺が公にいることはもっと大事な気がする。